立ち位置が難しい30代

独身で30代を過ぎると、徐々に遊び仲間が減ってきます。
友人が結婚すると、それまでのように気軽に遊びに誘いづらくなります。話していても子育てや配偶者の話題などは感情移入しづらく、同じ目線で会話するのが難しいです。独身のもっと若い世代の友人と遊ぶようにもしますが、話題についていけなかったり、逆に示された敬意で年齢を実感したりと微妙な気持ちになることもしばしです。上から目線にならないよう気を付けてはいますが、それでも「若いなー」と思ってしまって、心から同調できなかったり。

また、独身同士でも30歳を過ぎると個性が煮詰まってくるからか、人と密着して何かをするのが疲れることが増えます。結果、個人プレーが増えてしまいます。

職場での立場も微妙です。キャラじゃないと思いつつ、世話役をやらざるを得ないことが増えてきます。とはいえ経験と言えるほどのキャリアもまだないので、内心ひやひやしながら、なし崩し的に頼もしい雰囲気を演じてしまったり。40歳が近づくころには、自分の役割の変化を受け入れられるようになるのでしょうか……

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>